toggle
2017-07-15

僕はパーマが好きである。


パーマ離れしている今の時代。
年々パーマをかけるお客様が減ってきているのを感じます。
アイロンで巻くお客様が増えているのも時代だなと感じるし、その方がいいお客様も沢山いますよね。
だからといってパーマをかけないかといわれるとそうでもない。
パーマならではのニュアンスや質感も良いと思ってます。
僕はあまり(ワンカールスタイル)にしたいお客様が少なく、ウェーブスタイルやラフなニュアンスでパーマをかけるお客様が多い感じです。
そしてパーマはデジキュアパーマとデジタルパーマの2つの種類でさせてもらってます。
モチ、かかり具合、かかりにくいお客様、カールにリッチがほしいお客様はデジタルパーマ。
軽めにフワッとかけたいお客様はデジキュアパーマ。
その中でもお客様の髪質を見極めながら提案させていただいてます。
髪質にハマらなかったらかからないのです。
そして今回はデジキュアパーマパーマでさせていただいたお客様。

ラフなニュアンスのウェーブスタイル。
デジキュアパーマもデジタルパーマも個人的に大切にしてある事は
『ツヤ感』
できるだけ痛んで感じさせないという事。

パーマキライな人は痛むからイヤと言われます。
そこに対してどう向き合っていくか?
大切ですよね。
デジタルパーマもデジキュアパーマも、今世の中にあるパーマの中ではツヤ感のでるパーマです。
なのでイスタパはデジキュアパーマとデジタルパーマなんです。
パーマもカラー同様に薬剤がかなり大切です。
デジタルパーマだったらどこでかけても同じ仕上がりではないです。
薬剤も大切ですし、なおかつかけるスタイリストも大切です。
薬剤知識と経験値ですね。
という事でいろいろ言いだすと長くなるので最後に一言。
パーマをかけるなら香月のところに来ればいい。
ただそれだけのことです。
僕はパーマが大好きです。
お待ちしてます 。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です